どうも、麦酒男です。

那覇・県庁前駅にある「魚島屋」に行ってきました。
お店には派手な看板が、そして暖簾には本マグロ炉端劇場と書かれています。
どことなく目利きの銀次に似たお店なんですが、劇場型のメニューが多いんですね。

那覇 魚島屋

劇場型=目で見て楽しく美味しいメニュー



劇場型というのはどういうことか… このお店のメニューは見て楽しめるものが
多かったです。たとえば、最初にオーダーした、本日の劇場盛り(999円)。

本日の劇場盛り(999円)

オーダーすると店員さんの派手な掛け声と共に出てきます。
大トロ、中トロ、赤身のマグロのトリオ、そしてその前には
ホタルイカと白身魚のホウボウが陣取っています。

劇場盛り!

一番奥には大トロ様が!

一番奥には大トロ様が!

この脂! これで999円はリーズナブルじゃないでしょうか。

大トロ様

ビールは2種類あり、ヱビスが450円、麦とホップが350円でした。
一杯目は麦とホップをいただきますが、ヱビスが450円てのもなかなか。

那覇 魚島屋

お刺身はどれも美味しくて、大トロあたりは塩とレモンでいただくと
ビールとの相性が高まる感じで良かったです。

こちらは遅れてやってきたお通し(2人分)です。
鯖の香草焼きと云った感じでしょうか。もちろん美味しいです。

お通し

続いては、ズワイガニポテタマサラダ(450円)です。
カニの風味とポテト、タマゴのコクをしっかりと感じられます。

ズワイガニポテタマサラダ(450円)

これはビールや日本酒ではなくて、ハイボールに合いそうですね。

劇場型=参加型の楽しいメニュー



劇場型には、自分で混ぜたり、アレンジしたりする楽しさもありました。
こちらは久米島直送シャキシャキもやし生キムチナムル(390円)です。
早口言葉のようです。久米島直送シャキシャキもやし生キムチナムル。

久米島直送シャキシャキもやし(390円)

これをバババッと混ぜていただきます。キムチの素と胡麻油ともやし、
それさえあればできそうなのも、家飲みの時の参考になりそうでうれしいです。

もやし生キムチナムル

続いては、自分流北海生タコワサ(680円)。

自分流北海生タコワサ(680円)

生のたこ刺しと2種類のワサビが出てきます。これを好みでいただくんです。
塩やネギを使ってもOKです。自分流たこわさ、なるほどなぁ。

そして、またも自分で混ぜるメニュー、生イカウニナメロウ(680円)です。
刻まれた生イカにウニのソース、そして薬味が盛り付けられています。

生イカウニナメロウ(680円)

好みの薬味を入れて、ザザザッと混ぜていきます。

ナメロウ作り

これのあたりの食事は、ビールよりも日本酒の方が良さそうです。

完成! 生イカウニナメロウ

ということで…

やっぱり日本酒もいただきます



日本酒をオーダーしたのですが、その前にオーダーしていた
馬ヒレ肉(880円)が出てきました。竹筒に入っているのですが…

馬ヒレ肉(880円)

その竹筒を持ち上げると、中には九州の刺身醤油が!

竹筒の中には…

甘い醤油でいただく淡白な馬肉は美味しかったです。

さて、ここで日本酒です。
静岡県の初亀をグラスでいただきました。1杯399円です。

静岡県 初亀

はい、居酒屋の日本酒でお馴染みの表面張力です。よっ!

静岡県 初亀

さらに、このお店のオリジナル樽があるということで、
そちらもいただきました。500ml で 980円です。

魚島屋 樽

静岡は花の舞酒造の「つう」というお酒だそうです。

本醸造つう

こちらは樽の横にある注ぎ口から自分で注いでいただきます。
日本酒らしい味わいで、刺身や漬物に合いそうなお酒でした。

さて、いろいろと劇場型メニューを楽しみましたが、
この日、座ったカウンターの横には水槽があり、
僕が気持ちよく呑んでいるところをずっと魚が見ていました…

実は珍しい魚

このお店、もしかしたら魚が酔いどれを見るための劇場なのかもしれません。

駅から少し離れた場所にあるからか、まだそこまで混雑はしていなく、
それでいてリーズナブル&美味しいお料理が出てくるという、
穴場なお店だと思いました。沖縄料理的なメニューは少ないですが、
やんばる鶏や島豆腐もありましたので、観光で来た時にもオススメです!

[関連リンク]
本マグロ炉端劇場 魚島屋(公式サイト)
本マグロ炉端劇場 魚島屋(facebookページ)
魚島屋(食べログ)