どうも、麦酒男です。

名古屋前の近くに昨年オープンしたワイマーケットブルーイングキッチンに
行ってきました。こちら、Y.MARKET BREWING としてビールを醸造し、
早くも人気となっているブルワリーのパブなんです。

名古屋 ワイマーケットブルーイングキッチン

名古屋駅前で造られるクラフトビール



東京、大阪に比べて、クラフトビールのお店が少ない気がした名古屋ですが、
ここ3年くらいでどんどんお店が増えて来たようです。そしてついに
名駅の近くでもクラフトビールの醸造が始まったのが昨年。

ビールは全国のビアバー提供しているようですので、
飲まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お店は建物の2階になるのですが、1階部分には醸造設備がありました。

醸造設備

醸造設備を横目に、醸造工程のイラストが描かれた通路を進んでいくと
2階への階段、そして2階に上がればビアバーがあります。

ワイマーケットブルーイングキッチン入口

ビアバーとしても大人気のワイマーケットブルーイング



お店はほぼ満席、50名以上のお客さんがすでにビールを楽しんでいました。
カップル、女子会、外国人のグループと、いろいろなお客さんがいたのが
印象的でした。いやぁ、流行ってますね~! 最後の一席という感じでしたが、
僕らもギリギリ入れたので、とりあえずビールをいただきます!

イエロースカイペールエール

こちらはイエロースカイペールエールです。
ライトなアメリカンペールエールをベースにゆずの皮を漬け込んだ
フルーツエールということです。ホップ&ゆずの香りが爽やかで
バランスのとれた美味しいビールでした。1杯目に最適ですね!

そんな爽やかなビールに合わせて、いろいろとおつまみもいただきます。
おつまみは 350円、500円のタパス群とその他いろいろという構成でした。

まずはこちら、ハラペーニョのピクルス(350円)。

ハラペーニョのピクルス(350円)


そして、生ハムパクチー(500円)とクイックメニューをいただきます。

生ハムパクチー(500円)

どちらも奇をてらってないメニューで、ビールとの相性がよかったです。

クラフトビールには、やっぱりタコスだ!



常々、クラフトビールのお店には美味しい、そして名物となる食事メニューが
必要だと話してきたんですが、個人的にはタコスをオススメしていました。
単価も高くないし、アレンジがしやすいというのが何よりいいかな、と。

ワイマーケットブルーイングキッチンにはありましたよ、タコスが!
(というよりも、メキシカンがメインになるのかな…)

いろいろなタコス

チキンや海老、アボカドのようなスタンダードなものから、
ビアバーらしいビール煮込み、そして名古屋らしいえびふりゃあまで!

ということで、タコス(1P 350円)をいただきます。
こちらはポークジンジャー、豚の生姜焼きですね。

タコス(700円)

タコスの具なので、ちょっと細かく刻まれたポークジンジャーですが、
味はしっかりとしていて、トルティーヤでも美味しくいただけました。

続いては、えびふりゃあ&カレータルタル、そして自家製ビールどて煮です。

ナゴヤ飯タコス

どて煮のタコスをいただく時には、ちょっと濃い色のビールが良さそう、
ということで、アメリカンレッドエールであるクラフトハートレッドを…

クラフトハートレッド

おいしいクラフトビールに、相性のいいタコス! これ、最高です!
さらに名古屋飯的タコス、えびふりゃあ&カレータルタルです。

えびふりゃあ&カレータルタル

サクッとした海老フライの食感とカレー風味のタルタル…
これがビールに合わないわけがありません。いやぁ、素晴らしい!

ヒステリックだけど飲み飽きないIPA



最後の一杯は大好きなIPAを… ヒステリックIPAです。

ヒステリックIPA

苦さという点では、そこまで強くないですが、
なんと云ってもフルーティーな香りが素敵なビールでした。
ドリンカビリティも高くて、いい感じです!

カウンターの佐藤さん

大繁盛の店内では、ケグナゴヤやグリルマンでお世話になった
佐藤さんも働いていらっしゃいました。なんだか前よりスッキリしたような…

いやはや、それにしてもこのお店のビール、お料理は美味しかったですし、
雰囲気にも勢いを感じました。うまく回っている感じとでもいいましょうか。
このお店で飲むと元気になるような、そんな気すらしてきます。
近所に住んでたら、かなりの頻度で通いそうだし、早く再訪できたらいいなぁ。
ということで、一人飲みにもデートにも合コンにでもオススメですよ!

[関連リンク]
Y.MARKET BREWING(facebookページ)
ワイマーケットブルーイングキッチン(食べログ)