どうも、麦酒男です。

国際通りからゆいレール方面に抜ける途中にある
肉料理に特化した割烹のお店「にく久」に行ってきました。

久茂地 にく久

沖縄の牛、豚、鳥、山羊はもちろん、熊本の馬肉もあるそうで、
馬肉好きの僕はワクワクしていきました。まずはビール、オリオンドラフトです。

オリオンドラフト

お通しは茄子の翡翠煮です。

茄子の翡翠煮

島豆腐のサラダでウォーミングアップしてお肉を待ちます。
僕は肉を食べに来たんだ!

島豆腐のサラダ

ということで、登場した第一の肉! 馬肉のレアヒレカツです。

馬肉レアヒレカツ


ヒレ! レア! 真っ赤です! 味はか〜な〜りあっさりです。
これはソースをつけていただきましたが、ただソースの味になってしまうので、
何か新しい、もしくは美味しい食べ方があったら面白いなぁ、と思いました。

続いては、馬刺しの盛り合わせです。いろいろな部位がありますが、
ちょっと残念だったのは、だいたいの部位のカットがかなり薄かったこと…

馬刺し盛り合わせ

1枚で薄いなら、重ねてみようじゃないか、ということで、
全部入りみたいな感じで食べてみました!

馬刺しを一気に!

個人的にはこんな食べ方の方が満足感があって美味しかったです。
僕は肉を食べたかったんだ! 食べ方にも少しの獣感、といいますかね。

さて、次は山羊刺しもいただきましたよ。

山羊刺し盛り合わせ

こちらもカットが薄いんですが、それよりもお肉が冷凍のものの気がして…
サイトを見ると、粟国島の幻の山羊と書かれていますが、
粟国から持ってくるのに冷凍にしなきゃいけないのであれば、
本島のチルドでいけるお肉の方が美味しいんじゃないかと…

山羊刺し

カットの厚さも、食感も旨味も「さかえ」の方が美味しいなぁ。
ということで、このお店は馬肉がいいんじゃないかと気持ちを切り替えて…

桜鍋

桜鍋、入ります! ネギいっぱいなのがいいね! まずは野菜で鍋を整えて…

野菜入ります!

はい、きました! 桜肉! そしてうなじ!

桜肉とうなじ

鍋の形から見てもおわかりかもしれませんが、馬肉のすき焼きですね。
具材を卵につけていただくんですが、割り下と卵がうまく馬肉に絡んで
コクも出て美味しかったです! この歳になると牛肉はもたれちゃうし、
これからの季節、馬肉の鍋はいいんじゃないの〜?

桜肉!

馬肉のユッケとか馬ハラミの炭火焼きあたりは今回いただけませんでしたが、
このお店は馬すき焼き一本で考えてもいいかもしれないなぁ、と思いました。
場所柄もあるかもしれませんが、どれも結構なお値段がするんですよね。

スタッフの数も多いし、お店もしっかりしているので、接待とか特別な席に
いいのかなぁ。まあ、割烹ってそんなイメージですかね。

ハイボール

ということで、鍋のあとはハイボールで〆ました。ごちそうさまでした!

[関連リンク]
にく久(食べログ)