どうも、麦酒男です。

牛タン料理にこだわる新宿のビアバー「ベクタービア」に行ってきました。
テラス席を越え、中に入るとカウンター席とテーブル席があります。
テーブル席は奥まであって、かなり広そうな感じです。

新宿 ベクタービア 外観

カウンターにはタップ、そしてオンタップのビールが書いてある黒板、
そして奥にはキッチンが見えます。この日はかなり賑わっていて、
タップもキッチンも大回転で大変そうでした。

新宿 ベクタービア

さて、一杯目は夏のビールを、ということでサンクトガーレンの
パイナップルエールをいただきました。

パイナップルエール


ベクタービアでは、ビールがグラス1杯450円、パイント 750円という
一律料金です。こんな感じの飲み比べセットもありました。

飲み比べセット

ビールのラインナップの中には、カールスバークなんかもあるので、
ものによっては値段が高く感じられることもあるかもしれません。

ビールメニュー

さて、お通しはアサリのペペロンチーノ。味付けは濃いめでビールがすすみます。
お店のスタッフに確認はしなかったのですが、無くなったら
補充してくれたんですが、食べ放題なのでしょうか…

アサリのペペロンチーノ

おつまみは定番のポテトサラダから。ベクタービアのポテサラは
牛タンスモークとオリーブのポテトサラダ。かなり高く積まれています。

ポテトサラダ

続いては、季節の野菜のカポナータです。トマトソースは
相性がいいビールも多いし、ハズレが少ないのでオススメです。

季節の野菜のカポナータ

続いては、名物! 牛タンの炭火焼です。付け合わせにはワサビです。

まずはそのままいただきます。牛タンの食感を楽しんでいると
噛むほどに旨みが出てくる感じです。

牛タンの炭火焼

ビールで脂を流しつつ、牛タンを味わう。
こういう時はピルスナーが良さそうです。

少し脂が強いかな、と思ったら、ワサビをのせていただきましょう。

牛タンにわさび

ちょっと話に夢中で冷めてしまったんですが、
これは圧倒的にあったかいうちに食べる事をオススメします。
名物が出てきたら、食べる事に集中したいです。

さらに牛タンメニューを…
こちらは 牛タンボロネーゼとモッツアレラのオムレツです。

オムレツ

ボロネーゼになってしまうと牛タンの食感が薄れてしまうのですが、
一片もタンを無駄にしない姿勢なのかな、という理解です。

もう一品。牛タンスモークとパクチーのサラダです。

牛タンとパクチーのサラダ

牛タンはスモークしてあるので、脂分は少なく、食感重視。
スライスされた牛タンが入っていますが、食感を考えると
ブロックでもいいのかなぁ、とか。でも、シェアしづらくなっちゃいますかね。

クラフトビールのお店というよりも、牛タンダイニングで
いろいろなビールが飲めます、という感じのお店でした。

メニュー

以前、ベアードビールのベアードさんが話していたように、
「いろいろな料理+クラフトビール」というお店が増えてきましたね。

スパークリング

まずはじめにお店の美味しい食事ありきで、それに合わせるのは
クラフトビールでもいいし、そうじゃなくてもいい、というような。
選択肢のひとつとしてクラフトビールがあるという…
これからどんなお店が出て来るのか、それも楽しみですね。

[関連リンク]
ベクタービア(食べログ)
クラフトビール&牛タン Vector Beer(ぐるなび)


厚さ約1cm。牛たんの中でも特に柔らかい部分「芯たん」を厚切りにしました。
厚切り芯たん塩仕込み 2,570円