どうも、麦酒男です。

函館旅行2日目は、金森赤レンガ倉庫にある函館ビアホールに行ってきました。
初日に行った「はこだてビール」とは関係ないようです。
ちょっとややこしいですね。こちらは函館ビアホール。

函館ビアホール 店内

店内は広くて、天井が高くて開放的。そして真ん中には暖炉があります。
時々、お店の方が薪をくべていました。あったかい雰囲気がいいですね!

函館ビアホールのストーブ

こちらでは、サッポロビール系列のビールと、
オリジナルで造っているビールがいただけるとのこと。
金森麦酒、開拓史ビール、赤レンガビールと3つがオリジナルのようです。

ビールメニュー


こちらはピルスナータイプの函館開拓史ビール。

函館開拓史ビール

そしてエールタイプの赤レンガビールです。

函館赤レンガビール

どちらもガスが強いと云うか、シュワッとする刺激が強かったです。
ランチタイムに行ったんですが、たしかにランチだったら、
これくらいガスがあっても面白いかもと思いましたが、
きっと夜もなんですよね… クラフトビールをいろいろと飲んでいる人でなければ、
シュワッとして美味しい!なんて感想も多いかもしれません。

さて、夜に備えて食事は軽めにオーダーしました。
魅力的なメニューの数々の誘惑に負けず…

季節のメニュー

オーダーしたのは、馬刺と…

馬刺

中島商店のおしんこです。

中村商店のおしんこ

函館の市電堀川町電停のすぐそば、中島町に広がる100軒ほどの商店街を
中島廉売(なかじまれんばい)というんだそうですが、
そこにある中村商店のお新香のようです。
こちらもシュワッとするような食感があり、ビールとよく合いました。

最後にもう1種類の地ビール、金森麦酒をいただきました。

金森麦酒

道南で生産された麦芽とホップを一部使用して造ったビールだそうです。
こちらもやはりガスが強め。すっきり飲めました。
サッポロクラシックも飲んでみたかったんですが、
この後の予定も考えて、この日はここで終了…

割り箸の入った袋には、こんなことも書かれていました。

ご遠慮なく

スタッフは美人さんが多かったので、一緒に撮ってもらえばよかった…
なんて名残りもありつつ、函館ビアホールを後にしました。

金森赤レンガ倉庫は他にもお店やお土産屋さんもありますし、
徒歩圏内に北島三郎記念館もあるので、函館に行った時にはオススメですよ!

[関連リンク]
函館ビアホール(公式サイト)
函館ビヤホール(食べログ)


鮮度最高のいかを贅沢に使った逸品函館ヤマノ中村のいか沖漬3尾 2,500円