どうも、麦酒男です。


沖縄のビアバー 麦で知り合った方が鶏を焼いている、ということで
そのお店にお邪魔してきました。那覇はバスセンターの近くにある
「炭火焼とり 寛 泉崎西店」です。


炭火焼とり 寛 泉崎西店


ビールはオリオンビール! ジョッキ1杯500円。
最近、この値段でもちょっと高いと感じるようになってしまった…


オリオンビールとお通し


オリオンビール以外にもアサヒのスーパードライ、そして黒生があり、
いろいろなアレンジで飲めるようでした。スリークォーターとか面白い!


いろんなアレンジ


さて、お食事に。まずは地鶏のたたきからいただきます!
最近はいろんなニュースがあるので「地鶏…」とかなんとか思いつつ。


地鶏のたたき


いただいてみたら、食感も味もしっかりしてて美味しかったです!
皮はプリッと、肉はシャキッとね!
一緒についてくるニンニクと一緒に食べて食欲増進と行きたいところです。


そして、ここから焼鳥をどんどん食べていきます。まずは正肉とボンジリ。


やきとりとボンジリ




正肉は柔らかくて美味しいお肉でしたが、どの部位なんだろう…
とくに確認しませんでしたが、美味しかったです。そしてボンジリ。
変なお店で食べると、ただ脂っこいだけのボンジリが出てきますが、
ここのボンジリは食感があって美味しかった! てか、これがほんとのボンジリなのね。


続いては、ねぎみとレバーです。ねぎま、ではなく、メニューはねぎみ、となってました。


ねぎみとレバー


正肉は塩でこちらはタレでいただいたのですが、タレの旨みが素敵です。
ご飯の上に載せて食べたいくらい!
そして、レバー! 小ぶりですが、柔らかくて美味しかった~。
このレバーを食べに来てよ、とお誘いいただいたのをここで思い出しました。さすが!


続いては、つくね。


つくね


全体的に柔らかいのですが、ナンコツが入って食感にアクセントがあります。
中には香味野菜も入っていて、素敵なつくねでしたよ。


辛しが添えられていたので、つけて食べてみました。


カラシをつけて…


が、シンプルにそのままタレの味で食べる方がオススメ、かな。


最後に、せせり、豚バラ、ひもをオーダー。
ひもというのは、肝と心臓の間の部位らしいです。


せせり、豚バラ、ひも


せせりは首肉なんですが、僕が焼鳥で一番好きな部位がせせりなんですよね。
プリッとしつつ、食感もしっかりあって美味しい、というね。
ひもも柔らかくて美味しかったな~。どうやら希少部位のようですよ。


ということで、この日はこのくらいでお腹がいっぱいになりました。
ビールのアレンジもありますが、焼酎や泡盛も多かったのが印象的でした。


焼酎いろいろ


那覇で美味しいレバーやボンジリが食べたくなった時にはオススメですよ!


▼炭火焼とり 寛
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001950/



大きな地図で見る