どうも、麦酒男です。


沖縄・那覇は観光地というイメージがあるので、逆にディープなお店も多い気がします。
たとえば、国際通りの脇にある牧志公設市場… 夜になれば、シャッターも降りて
こんな感じで、一気にディープなスポットに早変わりするのですが…


公設市場を奥へと…


その牧志公設市場を奥に進んでいくとあるのが、
今回訪れたカジュアルフレンチのお店「プチット リュ」です。
ブログを見ていると、内地からたくさん有名な方も見えているようです。


ありました、プチット リュ


まずは沖縄のビール、オリオンドラフトをいただきます。
フレンチだけどジョッキでビール。なんとなく悪いことをしているような…


ビールはジョッキでいただけます。




ビールと一緒にいただいたのは、根セロリのシリシリです。
シリシリというのは、スライサーを使ってせん切りにした感じのお料理です。


根セロリのシリシリ


いや、その前に根セロリってなんでしょう根。
ということで、見せていただきました、根セロリ。これです、ドカーン!


これが根セロリだ!


ナウシカに出てくる王蟲みたいな見た目ですが、セロリなんですね…
食感がちゃんとあるので、ビールとの相性もよかったです。


そして、パテ的なものや…


ワインとともに


キッシュ的なものもいただくので…


キッシュ


ワインをいただきました! 大阪の仲村わいん工房の「さちこ」です。


ワインが来ました。


醸造家の方が奥様の名前をつけたというこのワイン、
とても飲みやすく美味しかったです。


続いて、お肉に入っていきます。まずは鴨肉。


鴨肉


アップにするとわかる、ジューシーさと程よい焼き加減。


鴨肉 アップで


イッツパーフェクト! フレンチだったらイリパッフェ!
脂の具合、肉の食感、塩分の加減と肉の味わい、もう最高でした!!


そして、この鴨肉に合わせるのは、このワイン。


この赤ワインが美味しかった!


ジンファンデルという品種を使ったワインなのですが、
しっかりとしたボディーがお肉に負けてなくて、とても美味しかったです!
もちろん、この後の肉料理との相性も抜群でした。


ソーセージとザワークラウト…


ソーセージ


最後はカツレツまで!


カツレツ


最後、美味しいワインがあったことで、お肉料理の旨さが増しました!
おっと、生ビールブログなのに、ワインに感動した話になってしまった。
が、これはもう仕方ないです。美味しいお酒と食事を楽しむ、これが正義です。


ということで、ビールもワインもお料理も楽しめるプチット リュ、
沖縄で美味しい洋食が食べたくなった時にオススメです!


▼プチット リュ
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001656/



大きな地図で見る