どうも、麦酒男です。


新年一発目のクラフトビールは門前仲町にある「ビール専門 宮澤商店」で
いただいてきました。このお店、昨年11月にオープンしたばかりのお店ですが、
クラフトビール東京の記事を見て、行ってみたいと思っていました。


門前仲町 宮澤商店


まずはスッキリ、ベアレン醸造所のクラシックからいただきました!
相変わらずゴクゴクいけて美味しいビールです。
宮澤商店には樽生のビールが10種類、この日のラインナップはこんな感じでした。


門前仲町 宮澤商店 ビールメニュー




ハーフパイント 630円、1パイント960円均一というのが、
クラフトビール好きにはうれしい価格設定となっています。


続いて、おつまみもいただいていきます。
まずはこちらの名物だという野沢菜、をごま油で炒めたもの。


野沢菜油炒め


程よい塩っけ、ごま油の香り、野沢菜の食感…
これがすっきりとしたビールとの相性が抜群でした。
お正月のクラフトビールにふさわしいおつまみをいただきました!


こちらのお店は、ドイツスタイルのソーセージも名物だということで、
まずは、冷製シンケン&リオナーの3種盛りをいただきます。


冷製シンケン&リオナーの3種盛り


ビア・シンケン、カイザー・リオナー、パプリカ・リオナー、
3人揃ってソーセージャー!って、ヒーローの名前みたいですが、つまみです。


これがどれも食感と風味がよくて、ビールに合うんですよね。
手間のかかったお肉を食べて、ちょっと贅沢な気分にもなります。


続いては、フランクフルターヴルストです。


フランクフルターヴルスト


皮はパリッとしているんだけど、中はプルンと柔らかく、
とても魅力的な食感です。いやぁ、ぷるんぷるんで美味しいわ~。


この、フランクフルターヴルストに合わせるのは、
上品な香りの綺麗なビール、スワンレイクのアンバーエールです。


スワンレイク アンバーエール


どちらも個性的でありながら、強いだけではなく、品がある感じで、
とても素敵なペアリングを楽しむことができました。


最後はお正月ということで、ベアードのジュビレーションエールもいただきました。


ベアード ジュビレーションエール


こちらはスパイシーな香りが強いビールなので、ちびりちびりと…
いやはや、お正月からひとり酒でしたが、堪能しました。ごちそうさまでした!


門前仲町 宮澤商店 外観


ということで、門前仲町の宮澤商店、リーズナブルなお値段でビールを楽しめるだけでなく、
ここでしか味わうことのできないおつまみが美味しい、素敵なお店でした。
門前仲町の駅からも近いので、初詣がまだの方は、
富岡八幡宮や深川不動尊にお参りしつつ、立ち寄ってみるのもオススメです!


▼ビール専門 宮澤商店のブログ
http://ameblo.jp/miya-beer-bar/



大きな地図で見る