どうも、麦酒男です。


新宿二丁目にある「から味処 粧(からみどころ しょう)」に行って来ました。
なんでも、珍しいものが手に入ったから、ということで楽しみにしてました。
1杯目は、北海道でしか飲めないはずのサッポロクラシックの樽生から。


サッポロクラシック


お通しはお芋の煮付けなのですが、これが優しい味で美味しくて、
このお店のクオリティを期待するのに十分でした。


お通し


この日は珍しいお魚を鍋で、ということでしたが、メニューを見ると
四川料理とかあるんですね… なんのお店なんだろう…


からみどころメニュー




ビールに合うメニューで云えば、馬のハツの炒めものや…


馬ハツ炒め


牛ばら炒めが美味しかったです。なんていうんでしょう、外さない味で、
過不足がなく、おつまみのど真ん中な感じでした! 食感も塩っ気もバッチリ!


牛ばら炒め


餃子というメニューも目に留まったのでいただきました。
メニュー名はモンゴル餃子です。


モンゴル餃子


ラム肉を使った茹で餃子なのですが、クリームチーズがかかっています。
これが、微妙に乳感を出していて、モンゴルっぽかったです。
モンゴル=乳感なんだとわかった瞬間でした。


こちらはマスターの家で採れた野菜を使ったサラダです。


サラダ


カブ、大根、からし菜、などなど、色とりどりとはこのことです。
どれもしっかりと味のある野菜で美味しかったです。


日本酒


そして、日本酒とともに、珍しいものをいただきます。
まずはガス海老。これ、日本海側で獲れるんだそうですが、
ノドグロと同じように一般には流通しないものなんだそうです。
比較用に甘海老も一緒にいただきました。


がすえび&甘海老


甘海老は甘海老で美味しいんですが、ガス海老を食べてしまうと、
そのとろみ、まろやかな甘さ、食感は段違い! とても美味しかったです。


こちらはたらの肝、たらきもです。


たらきも


こちらは魚の肝とは思えないくらい臭みがなく、また濃厚で美味しかったです。
日本酒との相性が抜群でした! プリン体が怖いけど、食べ続けたいくらい。


そして、真打ち、黒鱧です。お鍋右上の魚がそうなんですが、深海魚なんだそうです。


黒鱧鍋


鍋が煮えるまでも、酒を飲みつつ… この日、何杯飲んだんだろう…


酒と鍋


黒鱧は、皮がプルプル、中身はほっこりしっかりという感じで、
ナマズと穴子のいいところを足したような食感でした。
お鍋の優しい出汁との相性もよくて、すぐに無くなっちゃいました。


他にもゆりねバターや…


ゆりねバター


紅生姜の天ぷらなんかもいただきながら…


紅しょうがの天ぷら


たどり着いたのは、四川でした。麻婆豆腐!


麻婆豆腐


これが本格的な味で、マーとラーの辛さがあって美味しかったです。
このお店、ランチは麻婆豆腐が有名なお店のようで、お持ち帰りもできるんだとか。
コストパフォーマンスも良さそうなので、新宿でランチを食べる機会があったら
まずここに来たいと思いました。


最後はカットしたウコンをいただきまして…


ウコン


たくさん食べて、たくさん飲みました! 写真はないですが、
日本酒はどれも美味しかったし、オススメが的確で素晴らしかったです!


から味処 粧 からみどころ しょう


新宿二丁目という立地もあってか、まったくチェックしていなかったお店なんですが、
素敵なお店に出会うことができました。鍋でも日本酒でも四川料理でも、
バッチリの季節、冬がはじまります。この冬、3回くらい行きたいお店です!


▼から味処 粧(からみどころ しょう)
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13060913/



大きな地図で見る