どうも、麦酒男です。


OBC に続いて訪れたのは、LADYFACE ALE COMPANIE というブルーパブ。
このブルーパブ、ratebeer.com の投票で2011年、2012年と
2年連続で選出されているお店なのだそうです。


LADYFACE ALE COMEPANIE


お店に入ると、平日だというのにカウンターには8人くらいの人が!
ここも奥にテラス席があり、僕らはそのテラス席でビールをいただきました。


LADYFACE 店内




テラス席からはこんな感じの風景を眺めることができます。
これもまたアメリカ、って感じの風景ですね。


LADYFACE テラス席からの眺め


ビールはこちらで造っているものとゲストビールとありますが、
せっかくなので、こちらのビールを選んでみました。


ビールメニュー


まだ旅は続く、ということで、テイスターで4種類のビールをいただきました。
なかなかカラフルでいい見た目ですよね。


テイスターセット


空の青に、ビールがあたよく映えました。
カリフォルニアの青空に乾杯!


カリフォルニアの青空とビール


ここではXPAが美味しかったのですが、
Red rye というビールと reyes adobe red というビールが
どうしても泊まっているホテルの匂いがしてしまい…
そんな話で盛り上がりつつの LADYFACE なのでした。


カウンターの向いにはタンク


テラス席の方から見た店内はこんな感じです。
カウンターの後ろにはタンクがあるのですが、これが使われているのかはわかりません。


タンク


お店の奥には工場があり、ブルワリーツアーもやっているようでした。


ブルワリーツアーのお知らせ


お店の壁にはこんな醸造の機械を説明するものもありました。
いろいろなブルワーさんが訪れて質問をするのでしょうか…


醸造機器の説明


それにしても、車でしかけないこういう場所に
素敵なブルーパブがあるっていいですね。
ちょっとした隠れ家に来たようで、穏やかにビールを楽しむことができました。


▼LADYFACE ALE COMPANIE
http://www.ladyfaceale.com/



大きな地図で見る