どうも、麦酒男です。


五反田にある大衆居酒屋 かぶら屋で飲んできました。
ビールはアサヒ、390円です。リーズナブル!


大衆酒場 かぶら屋


いろいろと魅力的なメニューが目に飛び込んできましたが、
まずは大好きなアジの南蛮漬けからいただきます。


アジの南蛮漬け


アジの南蛮漬け、あると絶対に頼んでしまいます。
玉ねぎの食感と甘さ、そしてタレの酸っぱさで、
口の中をリセットしつつ、その後の流れにつなげる、それが南蛮漬け。


かぶら屋のこだわり



と、アジをかみ締めつつ読んだのがこちら。
かぶら屋のこだわりです。なるほど、モツと黒おでんは食べなければ。


黒おでん


ボリュームを考えて、黒おでんは、牛すじと白焼きというものを
オーダーしてみました。白焼きは練り物のようでした。


黒おでん


出汁が染みこんだおでんに、魚粉がガッツリかかって出てきました。
見た目よりも味は濃くなく、むしろ魚粉の香りが強いので、
味がもうちょっと濃くてもいいかも、と思ったくらいです。
やはり牛すじなんかは煮込まれていると美味しいですね。


ホルモンもいくつかいただきます。
こちらはお店の方にオススメしてもらったネギタン塩。


ネギタン塩


厚切りでしっかりとした食感があります。ビールと合わせる時には
食感が大事ですからね。そして、添えられているのは、おろしニンニク。
これをつけて食べれば、ジャンクパワーが炸裂、な感じです。


ホルモンをもうひとつ、レバカツです。
ネギとタレを絡めていただきました。


レバカツ


ゴロッとしたレバーですが、意外とサッパリとしていました。
ひとりで食べるにはちょっと多かったですが、
これも380円くらいだったかな、やっぱりリーズナブルです。


かぶら屋ということで、最後は赤カブ漬けもいただきました。


赤カブ漬け


なんだかイチゴのような形で出てきたのが面白かったです。


かぶら屋 外観


メニューも雰囲気も、昭和な雰囲気のあるかぶら屋でしたが、
仕事帰りに2~3杯、という寄り方、普段使いにいいお店だと思いました。
山手線エリアを中心に25店舗以上あるということですので、
仕事帰りに見かけた時には、寄ってみてはいかがでしょうか?


▼小さな居酒屋 かぶら屋
http://www.kaburaya.biz



大きな地図で見る