どうも、麦酒男です。

香港のクラフトビールがいろいろと楽しめる Kowloon Taproom(カオルーンタップルーム)に行ってきました。

香港 Kowloon Taproom

店内はこんな感じですが、お店の外にも椅子が並んでいて、外でもビールが飲める感じでした。

Kowloon Taproom 店内

タップは12タップで、香港のクラフトビールがたくさんラインナップされていました。

クーロンタップルーム

こちらがビールメニューです。左が樽生ビール、右がボトルビールで、ボトルビールは3〜4ページくらいありました。

Kowloon Taproom ビールメニュー

僕は Moonzen Brewery の Yuzu Saison(ゆずセゾン)からいただきました。ちゃんとブルワリーのグラスで来るのはうれしいですね。

YUZU SAISON

ゆずセゾン、その名前の通り、ゆずの香りが楽しめるセゾンでした。グラスの形状から想像ができるかもしれませんが、そこまでグイグイ飲む感じではなく、香りを楽しむビールでしょうか。

さて、こちらはフードメニューです。1香港ドル=14円くらいなので、14倍すると日本円での価格がわかります。クラフトビールを取り扱う香港のお店、と考えると妥当な値段という気がします。

Kowloon Taproom フードメニュー

そんな中でオーダーしたのは、モッツァレラスティック(約1,000円)です。

モッツァレラスティック(1,000円)

モッツァレラチーズのスティックを衣に包んで揚げた感じのものですが、衣のハーブ感&サクサク感とチーズの食感がとても美味しかったです。

中にはモッツァレラチーズ

これに合わせていただいたのは、先ほどと同じ Moonzen Brewery のモンキーキングアンバーエールです。

モンキーキング アンバーエール

ほうじ茶っぽい香りのアンバーエールで、サンクトガーレンのアンバーエールを思い出しました。

さて、この日はお店にないビールでも興味深いものがたくさんありました。香港滞在最後の夜に行ったので、これらのビールを手にすることはできなかったんですけども…

いろいろなチラシ

中でも気になったのは「一撃入魂」というゴーヤーを使ったビール。沖縄にもヘリオス酒造のゴーヤードライがあるので、いつか飲み比べてみたいです。

せっかくなので最後に珍しいビールを… ということで、オーダーしたのはミントのビールです。

ミントビール

が、これはまさにミント、そしてビールという感じで、ビールとして美味しいかと言われると…うーん、という感じでした。いつか「一撃入魂」が飲めるといいなぁ。

ここ数年で香港にもクラフトビールの並が来てる、そんなことがわかるカオルーンタップルームでした。香港でいろいろなビールを楽しみたいなら、このお店がいいんじゃないかと思います。

[関連リンク]
KOWLOON TAPROOM(公式サイト)
Kowloon Taproom(Trip Advisor)