どうも、麦酒男です。

沖縄・南都酒造所が醸造するビールが昨年秋にリニューアルとなりました。以前はニヘデビール(沖縄の方言でありがとうを表す「にふぇーでーびる」にかけたもの)だったのですが、リニューアルしてサンゴビールとなりました。ロゴもラベルも変わったのですが、そんなリニューアルビールのIPAをいただきました。

沖縄 OKINAWA SANGO BEER IPA

いただいてみると、ホップの香りよりも苦味とモルトの個性を感じました。アメリカンなIPAではなく、イングリッシュなIPAに近い印象です。ゴクゴク飲んでもいいですが、それよりも何か食事と合わせたい、それこそ沖縄料理のてびちあたりと合わせると美味しそうだなぁ、と思いました。

ただ、公式なコメントによると…
IPA に使用される大量のホップはハーブの一種で種類によって独特の香りを持ち、ホップの香りを抑えた「イングリッシュ IPA」とホップの香りを強調した「アメリカ ン IPA」に分かれます。
本商品は、IPA 市場で一番人気がある「アメリカン IPA」スタイルをベースに柑橘系の香りのするホップを大量に使用し、爽やかな香りを強調しながらも、
となっているので、このボトルがちょっと個性的だったのかもしれません。

もしくはコーラルウォーターを使用することで、水が硬水に近くなっているのかな、とか。ちなみにコーラルウォーターというのは…

コーラルウォーター

とのことで、ミネラル豊富な硬い水を想像してしまうのですが、どうでしょうか?

沖縄に旅行に来る時には、南都の施設「おきなわワールド」をはじめとするいくつかの店舗で樽生も飲めますので、IPA好きな方はぜひ飲んでみていただければと思います。

[関連リンク]
OKINAWA SANGO BEER(公式ページ)