どうも、麦酒男です。

今日も今日とて「いい肉(11/29)」の話題になりました。いい肉の日に、肉専用ペールエールというビールが発売されました。こちら、沖縄のヘリオス酒造からリリースされたビールで、ローソンでの先行発売となっています。

ヘリオス酒造 肉専用ペールエール

缶には説明が書かれています。肉専用の「科学的根拠はありません」とのことです。泡まで美味しいからグラスに3:7で注ぐようにも書かれています。こちらも科学的根拠は無いはずです。というか、どちらの注意書きも何のためにあるのかがわかりません。これがあることで美味しくなくなることはあっても、美味しくなることってないんじゃないかと…

ヘリオス酒造 肉専用ペールエール説明

さて、ローソンでの先行発売ということで、ローソンセレクトプレミアムの肉肉しい商品とペアリングをしていただきました。ハンバーグ&ビーフシチューです。

ローソンセレクトプレミアム

ビールの色とおつまみの色は近いほうが美味しいんですよね。もちろん、科学的根拠はありません。

お肉との相性は?

ビールをいただいてみると、イングリッシュペールエール的な香りが芳醇で美味しいです。アメリカンペールエールを期待していると肩透かしになるのでご注意ください。デミグラスソースを使ったお肉料理と合わせたのは正解でした。焼き鳥とかシンプルなステーキよりも、味付けがしっかりとしているお肉料理と相性が良さそうです。

ビール単体での味わいで言えば、数多ある同じスタイルのビールの中で目立った存在だとは思えませんが、コンビニでこういったビールが売り出された(しかも沖縄のブルワリーから!)ということが面白いと思いました。

ただ、「肉」というのでは範囲が広すぎて、逆に誤解を招く気もするので、そのあたりも商品発売後のプロモーションでフォローしていったら素敵だな、と思います。クラフトビール的には、もっともっと範囲が狭い「専用ビール」の方が面白い気がするので、今後はそんなことも期待したいところです。(餃子やピザはすでにあるので、バッファローチキンウィング専用とか…?)

[関連リンク]
ヘリオス酒造 肉専用ペールエール 11月29日(火)発売!(ローソン研究所通信)