どうも、麦酒男です。

今回、ご紹介するのはビールではなく梅酒ですが、ただの梅酒ではありません。常陸野ネストビールを造っている木内酒造の梅酒になりますが、この梅酒、常陸野ネストビールを蒸留したスピリッツを使って造られているんだそうです。

木内酒造 木内梅酒

いただいてみると、すっきりしてて甘すぎず、それでいて梅のフルーティーな美味しさも楽しめる素敵な梅酒でした。アルコール度数は14.5%ですが、アルコール感を強く感じることはなく、ストレートでもロックでも楽しめると思います。

木内梅酒をロックで

裏側のラベルを見ると、日本語で「常陸野ネストビールを蒸留した…」と書かれていますが、どの銘柄なのかはわかりません。が、併記されている英語を見ると、それがホワイトエールだということがわかります。

木内酒造 木内梅酒 裏面

ホワイトエールは、古くは1998年、1999年のジャパンビアカップで2年連続金メダル、2000年と2004年ワールドビアカップ金メダルを受賞していますし、今も全国のローソンで販売している常陸野ネストビールのフラグシップビールです。そのビールを3回の蒸留してビールスピリッツに、そこに梅の実を漬け込んで出来上がったのが木内梅酒だそうです。いやはや、贅沢な梅酒ですね。そして、これがちゃんと美味しいというのがすごいと思いました。

今回は試しませんでしたが、この梅酒とホワイトエールを割ってみたらどんな味になるのか… 近々いただいてみたいと思います。ということで、梅酒好きな方はもちろん、ビール好きな方にもオススメの梅酒です!

[関連リンク]
木内梅酒(公式ページ)