どうも、麦酒男です。

ニュージーランドのブルワリー Funk Estate(ファンクエステート)の Jungle Boogie Blood Orange Sour(ジャングル・ブギー ブラッドオレンジサワー)をいただきました。その名の通り、すっぱいビール・サワーエールです。ブラッドオレンジを使ったサワーエールということで言えば、Anderson Valley の Blood Orange Gose(ブラッドオレンジゴーゼ)に続き、2つ目になります。

Funk Estate Jungle Boogie Blood Orange Sour

いただいてみると、ブラッドオレンジの風味がありつつ、味わいの中に果実味も感じられます。サワーエールなので、酸味があり、その酸味が果実味を演出しているのかな、とも思います。苦味は少なく、アルコール感も少ないので、何も知らずに飲んだら「オレンジのお酒」とか、酸味を強く感じると「パッションフルーツのお酒?」と思うかもしれません。

昨年、ニュージーランドを旅した時にファンクエステートを訪問し、シギーさんにボトルでお土産をいただきました。工場から自分で持ってきたボトルと比べると、酸味がまろやかになって、果実味が強くなっていると感じましたが、これはバッチによるものか、輸送における要素によるものかはわかりません。

ジャングル・ブギー 原材料

原材料を見ると、ブラッドオレンジは粉末のものが使われているんですね。なるほど、こういう添加の仕方もあるんですね〜。粉末でこれだけの風味が出せるのであれば、他にもいろいろできそうな気がします。わさびとか…?

さて、ジャングル・ブギーですが、ぜひ「苦いビールは苦手、果実のお酒が好き」というような方に一度お試しいただきたいビールです。ビールの幅を広げるためのサワーエール、というポジショニングは、今からの日本だったらアリじゃないかと思います。そんなサワーエールに流行の兆しが見えたら、大手メーカーからもサワーエールが発売される日が来るかもしれませんね。(クエン酸を添加して酸っぱくしそうな気もしますけども… ってそうなると、やっぱりチューハイか…)

[関連リンク]
Funk Estate | Seriously Funky Brews(公式サイト)