どうも、麦酒男です。

SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)のとれたてホップとも言うべきビールをいただきました。Hop Fest 2017 です。一番搾り とれたてホップ2017と同じく、IBUKIというホップを使ったビールですが、こちらは凍結毬花ホップを使っているということです。

Spring Valley Brewery Hop Fest 2017

いただいてみるとホップの香りをしっかりと感じますが、クリアで飲みやすいのは一番搾り とれたてホップの方かなぁ… 原材料を見ていると、一番搾りは麦とホップだけですが、こちらは米、コーン、スターチといった副原料を使っているんですね。日本のピルスナーらしさを狙った感じなのでしょうか? フレッシュホップと米、コーン、スターチの組み合わせって珍しい気がします。

フレッシュホップのビールって、ホップの香りや苦味は強いけど、クリアではなく少しザラッとした感じのビールが多い気がするんですが、このビールも… まあ、「ホップの収穫を祝う」というビールだということでいいのかな、と思います。

[関連リンク]
「Hop Fest 2017」を新発売(ニュースリリース)