どうも、麦酒男です。

デンマークのファントムブルワリー・ミッケラーのHELP(ヘルプ)なるビールをいただきました。四隅に H E L P とデザインされているラベルですが、スタイルはアメリカン・ペールエールとのことです。

デンマーク ミッケラー HELP(ヘルプ)

オート麦を使っているとのことですが、オート麦の特徴がどんなものなのか、僕はわからないので評価が難しいのですが、ホップの特徴であるフルーティーさにプラスして、さらにフルーティーな印象です。見た目にも濁っていますが、現在流行っているニューイングランドスタイルというわけでは無さそうで、苦味とフルーティーさのバランスもいいビールです。

濁ってます。

さて、このバランスの取れた美味しいビールがなぜ「HELP」という名前なのか… ミッケラーのサイトを見ると答えがわかりました。このビールは、ミッケラーとデンマーク難民評議会との共同プロジェクトから生まれたもので、このビールの利益はシリア難民の子どもたちのために使われるそうです。なるほど、こういうビールを造って、サポートするってのは日本だとあまり無い動きかもしれません。こういうのもそのブルワリーやブルワーの個性になっていいですよね。日本でも、チャリティービール(?)は酒税を減額する、とかそんな法律があったらいいなぁ、なんて思いました。

[関連リンク]
mikkeller blog(公式ブログ)