どうも、麦酒男です。

サッポロビールがイオングループ限定で販売しているビール「富良野の薫り~ゆるやかエール~」をいただきました。富良野産ホップと北海道産大麦麦芽を使用したエールとのことですが、サッポロビールが“エール”と名付けたビールって、昨年発売されたカンパイエール以来でしょうか。

サッポロビール 富良野の薫り~ゆるやかエール~

いただいてみると、フルーティーなホップの香りがおだやかに感じられました。飲みやすいビールという感じで、尖った特徴はなく、多くのビール好きにオススメしやすいビールです。

どの大手メーカーもラガーばかりを出していた10年くらい前は、コクのサッポロ、キレのアサヒ、苦味のキリン、香りのサントリーというイメージがありましたが、今はどこもいろいろなビールを出しているので、そういった表現が難しくなってきました。このビールも飲みやすさの印象でいえばキリンの新・一番搾りに近い気がしますし、何も知らずに飲んだらサッポロのビールだとはわからないと思いました。それほど多様化したのか、混沌としているのかはわかりませんが、今後、大手メーカーの造るビールはどんな特徴を出していくんでしょうね…

[関連リンク]
サッポロビール 富良野の薫り~ゆるやかエール~(ニュースリリース)