どうも、麦酒男です。

イギリスのブルワリー Weird Beard(ウィアードビアード)の Traditional
Spreadsheet Ninja(トラディショナルスプレッドシートニンジャ)という
ビールをいただきました。名前、長いです。伝統的な表計算忍者…?

イギリス Weird Beard Traditional Spreadsheet Ninja

ビールのスタイルとしてはピルスナーとのことですが、
飲んでみると、日本のピルスナーとは違う「荒さ」のようなものを感じます。
ホッピーな風味があるんですが、それが前に出ている反面、
クリアな感じが無く、食事を選びそうな感じです。
ホップの個性が強いビールが好きな人にはオススメできますし、
これはこれで面白くていいビールだなぁ、と思います。
サムライではなくニンジャなだけに、少し線が細い気もしますが…

さて、このWeird Beardというブルワリーですが、ニュージーランドの
GARAGE PROJECT と同じように日本語のビールがいくつかありました。

Tsijiguri 辻斬

辻斬に貞子ですよ。これ、日本だったらNGになるんだろうと思いますが、
こういう突き抜けたデザイン、ほんと出てこないですよね。

Sadako_Stout 貞子

と思ったら、これはイギリスでは問題ないんでしょうか?(商標的に)

グレープフルーツIPA

しかもこのデザインでグレープフルーツIPA ということで、
さらに興味が出てきます。そのうち、日本で飲めますかね?

[関連リンク]
Weird Beard Brew Co(公式サイト)