オリオンビール 夏いちばん

カテゴリービール批評 タグ |
updated on 2016-06-09 by タカバシ ショウヘイ

どうも、麦酒男です。

オリオンビールの「夏いちばん」が今年も販売となりました。今年で4年目です。
缶のデザインは昨年までとちょっと変わって、明るい色が増えた感じです。

さて、リリースされた2013年、そして2014年と、僕はこのビールを
絶賛していたんですが、実は2015年に関しては…
レシピが変わったということもあると思うんですが、旨みと苦みが減り、
特徴のわからないビールになってしまった印象でした。果たして今年はどうか!?

オリオンビール 夏いちばん

飲んでみると、まず爽やかなホップの特徴を感じます。フルーティーな
香りですが、そこまで強くはありません。飲みやすい、のかな?

ただ、旨みを感じられるかというと、その部分は弱いかな、と。
決して美味しくないわけではないのですし、雑味があるわけでもありません。
ただ、やはり全盛期からするとちょっと軽い、そんな印象を受けました。
(原材料に米を使わなくなってから、なんですよね…)

ヱビス・ザ・ホップ2016 も同じような印象だったのですが、
これは僕の味覚が変わったのか、それとも麦芽が不作だったりしたのか、
もしくはただの偶然か… このビールも注ぎ方やグラス、温度を変えて
飲み比べをしてみて、ベストな状態を探してみたいと思います。

[関連リンク]
オリオンビール 夏いちばん(公式ページ)

 
PAGE TOP
Translate »