どうも、麦酒男です。

今年もジョエル・ロブションとのコラボビールが発売となりました。
昨年までは「薫り華やぐヱビス JOEL ROBUCHON」という名前でしたが、
今年は「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」となっています。

サッポロビール ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間

いただいてみると、相変わらずスッキリとフルーティーな香りと味、
そして追いかけてくるようなフローラルな香りがあります。
食前酒だったり、乾杯の時に良さそうなオシャレな味わいです。

ビールとしてもいただけるし、フレンチにも合わせられるビールとして
スペインのイネディットというものがありますが、あちらよりは
大人っぽいというか、ドライに感じられました。

メモ

昨年の香り華やぐヱビスは「ネルソンソーヴィン」に加えて、
「ハラタウブラン」を使用と書かれていましたが、今年はさらに、
「ハラタウトラディション」も加わって、3種類のホップが使われているようです。
ハラタウトラディション自体はその名の通り、そんなに珍しいホップでも
ないのかなぁ、と思いますが、少し苦みを増やしたイメージでしょうか。

さて、ロブションとのコラボビールですが、これだけでは終わらないようです。
3月には、果物が熟したような香りが特徴だというホップ「モザイク」を使った
「ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間」がリリースされます。

ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間

食前・乾杯用の華やぎの時間に対して、余韻の時間は
食後のデザート的なビールを目指すのでしょうか。
約1か月後の発売となりますが、こちらも楽しみに待ちたいと思います。

[関連リンク]
ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間(公式ページ)
「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」限定発売(ニュースリリース)