どうも、麦酒男です。

スコットランドのブルワリー・ブリュードッグは、これまでも
いろいろなブルワリーとコラボレーションをしてきましたが、
なんと、ドイツにある世界最古の醸造所・ヴァイエンシュテファンとの
コラボレーションビールをリリースしていました。
その名も、BrewDog Vs Weihenstephan India Pale Weizen です。

BrewDog Vs Weihenstephan India Pale Weizen

PUNK IPA が好評のブリュードッグとヘーフェヴァイツェンが代表ともいえる
ヴァイエンシュテファンがコラボしたインディアペールヴァイツェンですからね。
そろそろ公開される「サイボーグ009VSデビルマン」とか、
戦隊もののVSシリーズとはちょっと違いますが、
「ルパン三世VS名探偵コナン」くらいなのでしょうかね。

インディアペールヴァイツェン

いただいてみると、まず感じるのはホップの香りです。
そして、飲み心地、喉越しはスムースで、飲んだ後に残る香りもホップのもの。
ヴァイツェンぽいかと云われると、自信はありませんが、
僕の大好きな White IPA のようで、美味しかったです。
(ちょっと時間が経ってしまったので、クローブ香が飛んだというのも
あるのかもしれませんが、IPA好きなので、気になりませんでした)

最高峰のコンビによるコラボレーションビールなので、
次にいつ飲めるのか、もう飲めないのかはわかりませんが、
ボトルや樽生をどこかで見かけた際には、ぜひ飲んでほしいビールです。