どうも、麦酒男です。

アサヒビールから発売となったクラフトマンシップシリーズの新作、
「ドライセゾン」をいただきました。コンビニでセゾンが買えるのは、
ヤッホーの「僕ビール、君ビール。」に続き、ふたつ目になりますでしょうか?

アサヒ クラフトマンシップ ドライセゾン

いただいてみると、セゾンと言われて納得のフルーティーな香りがします。
これはこれで美味しいのですが、なにゆえにドライなのかはわかりませんでした。

僕ビール、君ビール。と飲み比べてみると、その特徴の強さが違いました。
個人的には、僕君の方が特徴が強く出ていて好みではあるものの、
セゾンというスタイルへの最初の一歩としては、
こちらの方が踏み込みやすいのかなぁ、とも思います。

でも、それってクラフトなのかなぁ、と思ったりもします。
なんとなく今の流行りを見て、狙っている感がですね…
クラフトマンシップなんて云わずに“アサヒのセゾン”ということで
通用する日が来たのなら、それはきっと幸せな未来なんじゃないかと思います。

クラフトマンシップ?

ところでパッケージには「一部手で投入」って書かれているけど、
「先輩、まだそんなこと言ってるんですか?」という感じは否めません。
今後もクラフトマンシップは、ずっと一部を手で投入し続けるのでしょうか?

[関連リンク]
アサヒ クラフトマンシップ ドライセゾン(公式ページ)