どうも、麦酒男です。

SPRING VALLEY BREWERY のビール、第二弾をいただきました。
第二弾のスタイルはピルスナーで、”大手”キリンビールで
よく造っているスタイルと一緒です。果たして、それを超えられるのか!?

キリンビール SPRING VALLEY BREWERY Willy

飲んでみると、すっきりとしまった苦味を感じます。
そして、若干、酸味にも感じる味わいがありました。
(酸味ではないんですが、引き締まる感じの何か… なんだろう…)
温度にもよると思いますが、透明感を感じるビールでしょうか。
氷から解けたばかりの水のような、そんなイメージかなぁ。
少し温度が上がってくると、キリンらしい奥深い苦味に変わりました。

さて、このビール Willy のテーマは
「立ち返る場所となるビール」を目指しているとのことですが、
誰が立ち返るのか、主体が誰かにもよりますよね。
個人的には、立ち返るのは、ラガーや一番搾りのような気がします。

キリンのクラフト(クラフティ?)が挑戦したピルスナーですが、
バランス、料理との相性、値段、などなど総合的に考えて、
現状は大手キリンビールに軍配が上がるかな、と思いました。

[関連リンク]
SPRING VALLEY BREWERY(公式サイト)
DRINX(キリンオンラインショップ)


【送料込】キリンビール おうちでフローズン生SUPER 3,980円