どうも、麦酒男です。

プリン体ゼロ、糖質ゼロのビールが話題になっています。
サッポロビール 極ZERO が発泡酒として新スタートを切りましたが、
その他の大手各社も9月2日に一斉に追随するようです。
そんな中、サントリーの「おいしいZERO」を先行でいただきました。

サントリー おいしいZERO

飲んでみて、まず感じたのはスッキリ感と後に残る甘みでしょうか。
ビールを飲んで、麦芽の甘みを感じることはあるんですが、
ゼロ系のドリンクだと、人工的な甘みを感じてしまいますが、
これもそんな感じでした。甘みの質としては、以前よりも
わざとらしくない、というか、だいぶ進化していると思います。

健康のことを考えれば我慢できる… のかな…?

ただ、原材料を見ると醸造アルコール、香料、アセスルファムKなどなどあり、
健康のためにこれを飲むというところに疑問を感じるのも事実。
糖質制限ダイエットが流行っているようなので、そこでの需要はあるのかな。

おいしいZERO 原材料

ちなみに、楽天でこんな商品を見つけたんですが…



こういうのって登録商標みたいな何かで同じ名前の商品って
出て来ないのかと思っていましたが、お酒とノンアルコールということで
ありなのでしょうかね…

閑話休題。
これからサッポロ、アサヒ、キリンからもダイエット用ビール(?)が
出て来るので、各社出揃った9月に飲み比べをしてみたいと思います!

[関連リンク]
プリン体ゼロ サントリーおいしいZERO(公式ページ)