どうも、麦酒男です。


サントリーから限定発売となっている赤いプレミアムモルツ、
<コクのブレンド>をいただきました。
通常のプレモルと<黒>のプレモルを酵母の濾過前にブレンドし、
貯酒タンクで熟成したプレミアムモルツ、ということです。
単純にハーフ&ハーフってわけじゃないんですね。


サントリー ザ・プレミアム・モルツ<コクのブレンド>


いただいてみると、あまりプレモルらしさを感じることはできませんでした。
プレモルらしさってかなり主観的な表現ですが、人によっては甘いというような
独特の香りですね。それが弱くて、通常のプレモルというよりは、
<黒>に近い印象です。まあ、ビールの色もそうですもんね。


これ、きっと、プレモルのブレンドだと思って飲むからよくないんだ、と。
そういうことを抜きにして飲んだ方がいいのかもしれません。
ビールの色、少し感じる甘み、焙煎の香り、昔飲んだアルトビールを思い出しました。
かなりスッキリと、そして磨かれた“アルトな感じ”でしょうか。


でも、これ、今の日本のビールのトレンドとは合ってない気がするんですよねぇ。
既存のビールファンというよりは、あまりビールを知らない人にオススメの
入門編的なビールなんじゃないかと思いました。
アサヒ ドライブラックのように、これをきっかけにして、
いろいろなビールに興味を持ってもらえたらいいのかなぁ。


▼ザ・プレミアム・モルツ<コクのブレンド>
http://www.suntory.co.jp/beer/premium/blend/



【金賞受賞ビールが送料無料!】地ビール6本セット(アルト入り) 2,980円