どうも、麦酒男です。


ベルギーのピルスナー、マルテンス・ブルーをいただきました。
250年の醸造技術があるというマルテンス醸造所のビールです。


ベルギー マルテンス・ブルー ピルスナー


いただいてみると、軽めのピルスナーという感じで、
最初は甘さ、次に軽い酸味を感じました。劣化しているのでしょうか…
賞味期限は2013年12月なので、そこまで古くはなってないと思うんですが、
どうなんでしょう…


近所のスーパーで買ったんですが、そこに来るまでに劣化してしまったのか、
それともスーパーでの管理が良くなかったのか…
もしくは、元々こういう味わいなのか…
いや、たまたま僕が手にしたこの缶だけが劣化してるってことも
無くはないですからね… ビールって難しい。


ともあれ、マルテンス醸造所の他のビールを飲みたくなったか、
興味を持ったかというと「答えはノー」なので…
高くてもブランドを守るための努力を惜しまない、というのは
大切なことだよなぁ、と思う反面、こういうビールをリリースすることで
醸造所のプラスになることもあるのかなあ、と思ったり…



マルテンス・ブルー ピルスナー 330ML×24本 4,200円