どうも、麦酒男です。


「キリンじゃなくちゃつくれないものを、もう一度つくろう。」という
コピーで新発売となった、キリンの澄みきりをいただきました。
麦100%で造られた、というこのビール、パッケージは刀のイメージだとか。


キリンビール 澄みきり


いただいてみると、確かにスッキリとしています。
新ジャンルでこれだけスッキリと混じりっけのない感じはすごいと思いました。
同じキリンの一番搾りは、麦100%で混じりっけのないうまさ、というコピーですが、
澄みきりに関しては、混じりっけのないビール、といったところでしょうか。
味わいに関しては、やはり薄く感じてしまいます。


「澄み」を英語で言えばクリア、ということで、
アサヒビールの「クリアアサヒ」という商品がありますが、
「澄みキリン」と飲み比べをしてみても面白いかもしれませんね。


▼キリン 澄みきり
http://www.kirin.co.jp/brands/sumikiri/



ボルミオリロッコ ハーフパイントグラス 290ml 232 円