どうも、麦酒男です。


北海道麦酒醸造のオタルエールとオタルラガーを
一緒にいただいて飲み比べてみました。


北海道麦酒醸造 オタルラガー&オタルエール


そもそも、エールとラガーの違いとはなんでしょうか?
マジレスというわけではありませんが、硬く云えば
エールは上面発酵の酵母、ラガーは下面発酵の酵母で造られたビールです。


もうちょっと柔らかく、それぞれの特徴でいえば、エールは香りを楽しむこともできる
お酒らしいビールで、ラガーはスッキリするのがうれしいビールです。
日本の大手メーカービールは、ほとんどがラガーとなっています。
ビールの色を見ると、ハッキリと違うのがわかりますね。


北海道麦酒醸造 オタルラガー&オタルエール


同じ醸造所でエールとラガーを飲み比べられるってことは、
日本では珍しい気がするのですが、北海道麦酒醸造のビールは
ふたつ一緒に売っていたので、飲み比べる機会ができました。


特徴の通り、エールはビール単体だけでも飽きなさそうな、
香りも味わいも楽しめます。ラガービールは冷やしたほうが美味しいですが、
エールはちょっと温度が高くても、その香りを楽しめる感じです。


続いて、ラガー。こちらはスッキリと飲みやすく、
いろいろな料理と合わせて飲みたいなぁ、と思いました。
料理を食べて、ビールで流して、次の料理がまた美味しい、となるのが
ラガーの特徴ですが、そういう感じで、何杯もいけそうな気がします。


ちなみにどちらも麦芽100%、副原料は使っていません。
同じブルワリーで、同じタイミングで飲み比べができると
こういった特徴を理解できて楽しいですね。
ということで、一緒に見かけることがあった時には
ぜひどちらも購入して、飲み比べてみてほしいなぁ、と思います。
飲み比べられるって贅沢ですよね…