どうも、麦酒男です。

ブルワリーに旅をした時、お土産にちょうどいいので栓抜きを買うことが多いんですが、今回は旅をせずにいろいろな栓抜きを手に入れました。先日、アンテナアメリカに行ったんですが、いろいろな栓抜きがあったので買ってきました。アメリカの栓抜きなんでオープナーですかね。

いろいろな栓抜き

この中にふたつだけ元々持っていたものがありますが、やっぱり目立つのはマーメイドの栓抜きですかね。こちら、アメリカ・サンディエゴにある Coronado Brewing のマークがそのまま栓抜きになったものです。

マーメイドの栓抜き

ただ、これ、見た目は派手でいいんですが、栓が若干固かったのか…

曲がった!

曲がってしまいました。

続いては、アメリカ・コロラドにある New Belgium Brewing のライト付きオープナーです。いや、オープナー付きライト、でしょうか。

ライト付き

こちら、押せば光るだけのものではなくて、一度カチッと押すと点灯、もう一度カチッとすると点滅になるもので、夜間、主に自転車をこいでいる時に身につけるものなんです。自転車がロゴマークのブルワリーなだけに、自転車に関連するグッズになっているのが面白いですね。

ただ、我が家で一番使われているのは、以前から家にあるベアレン醸造所の南部鉄器製の栓抜きです。

ベアレンの栓抜き

ベアレン醸造所は盛岡のブルワリーですが、その盛岡に伝わる伝統工芸が南部鉄器です。ブルワリーグッズを伝統工芸で作る… これこそクラフトな感じですし、地ビール的とも言える気がします。南部鉄器製なので、しっかりと重量感がありつつも、持ちやすくて、栓も開けやすいです。

ということで、各社ブルワリーに何かしら関係のある栓抜きを紹介しました。個人的には普通の栓抜きでもお土産にもらえればうれしいですが、何かそのブルワリーに関するネタがひとつ入っていると、違うなぁ、とも思いました。次はどこの栓抜きを手にすることができますかね〜。