生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

北千住駅からすぐの場所にある「びあマ」でクラフトビールの角打ちを楽しんできました。北千住駅からは空港行きのバスも出ているので、地方に帰る前の最後の一杯&お土産を買う時にもオススメです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

北千住に行ったのはブルーパブ「さかづき Brewing」に行くためでしたが、せっかく北千住に来たので、もうひとつ行きたいお店がありました。それがこちら、「びあマ」です。

北千住駅前 びあマ

「びあマ」は通販でクラフトビールの取扱No.1を目指しているそうで、僕も何度かお世話になっていますが、その「びあマ」の実店舗なのです。お店に入ると、カウンターがあり、その奥はたくさんの冷蔵庫が並んでいます。

冷蔵庫

冷蔵庫で通路ができていますが、その冷蔵庫の中身はもちろんビールです。国内、海外問わず、いろいろなビールを買うことができます。

奥にも冷蔵庫

そして、こちらでは買うだけではなく、買ったビールを飲むことができます。レジでお会計する時に、すぐに飲みたい旨を伝えて、グラス代200円を払えばOKです。

ということで、僕もビールを買って飲んでみました。今回選んだのはこちらのビール。ミッケラー ランニングクラブペールエールです。

ミッケラー ランニングクラブペールエール

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

チェコ・第二の都市ブルノにある立ち飲みのビアバーVýčep Na stojáka(ヴィチェップ ナ ストヤーカ)に行ってきました。ビールが美味しいのはもちろん、オープンサンドも美味しかったです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ・第二の都市ブルノに立ち飲みのビアバーがあるということで行ってきました。ブルノの中心街にあるこちら、Výčep Na stojáka(ヴィチェップ ナ ストヤーカ)です。翻訳するとタップルーム・ザ・スタンドってことで、立ち飲みのタップルームという名前なんですね。

Výčep Na stojáka(ヴィチェップ ナ ストヤーカ)

若い人が多い店内



お店に行ったのは日曜日の夜9時くらいでしたが、結構な数のお客さんがいました。時間帯のせいか、立ち飲みだからか、チェコの居酒屋でよく見かけるおじさん層はおらず、若い人が中心でした。

Výčep Na stojáka店内

立ち飲み屋ではありますが、窓際のお客さんでサッシ(?)に座ってる人もいました。あとは、デートの〆に1杯、って人たちも多いのか、カップルが複数組いたのも印象的でした。

女性もいます

店内には大きめの冷蔵庫があり、中ではビールの樽が眠っていました。

樽が眠る

冷蔵庫の温度が表示されるシステムです。これ、お客さんに見せているってことは、樽の冷蔵温度にこだわるお客さんがいるってことですよね。

冷蔵庫の温度?

適当なテーブルを見つけて、自分のコースターを準備したら、いよいよオーダーです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アサヒビールから発売中の糖質50%オフビール「アサヒ ザ・ドリーム」をいただいた感想レポートです。旧ザ・ドリームとの飲み比べもしてみました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

五郎丸 歩選手とマツケンサンバのCMが放送されている(なんでこの組み合わせ?)糖質50%オフビール「アサヒ ザ・ドリーム」をいただいてみました。

アサヒビール アサヒ ザ・ドリーム

アサヒのビールなのでスッキリしていて、飲みやすいのは間違いありません。麦芽100%ということで特に余計ものも入っていないですし、食中にいただくビールとしてはなかなかのものじゃないかと思います。

今回はリニューアルしての発売ということで、旧ザ・ドリームとも比較してみました。

アサヒビール アサヒ ザ・ドリーム 比較

スターチを使わなくなり、アルコール度数は同じものの、カロリーは若干下がっています。旧パッケージには「究極のコクキレ」というコピーがありましたが、伝わりづらかったのか、今回のパッケージからは無くなっています。

アサヒビール アサヒ ザ・ドリーム 泡比べ

同じ条件で注いでみると、新しい方が泡立ち、泡持ち、ともに良くなっていると感じましたし、麦の風味も感じられて、確実に進化していると思いました。ビールにこだわるけど糖質も気になる、という方にはオススメのビールになったと思います。

ただ、麦芽100%の糖質オフ系のビールって、アサヒで言えばセブン&アイ・ホールディングス限定の「アサヒ ザ・ロイヤルラベル」とか、キリンビールも「晴れやかなビール」という商品が過去に出てきましたが、結局ヒットせずに終わっているんですよね。果たしてアサヒ ザ・ドリームはどうなるのか… そんな意味でも注目のビールです。

[関連リンク]
アサヒビール アサヒ ザ・ドリーム(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

北千住のブルーパブ「さかづき Brewing」でランチ&ビールをいただいてきました。食事の美味しいブルーパブなので、ぜひランチタイムに予約をして行ってみてください。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

浅草のホッピー通りにある「大衆酒場 岡本」で飲んだ後、その日の本命であるお店に向かうべく、つくばエクスプレスで北千住に向かいました。やってきたのは、北千住のブルーパブ「さかづき Brewing」です。

北千住 さかづき Brewing

オープンの13時と同時に、正確に言えばちょっと前に着いたので、我々がこの日最初のお客さんでしたが、どんどんお客さんが来るので少し驚きました。お店は入って左手に醸造設備があり、奥にキッチンがありました。

さかづき Brewing 店内

こちらがこの日のビールメニュー。残念ながらインペリアルスタウトは品切れでしたが、オリジナルのビールは5種類ラインナップされていました。

さかづき Brewing ビールメニュー

続いてフードメニュー。ビールと合わせる食事にこだわっているお店ということで、メニューもなかなか豊富です。

さかづき Brewing フードメニュー

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

浅草・ホッピー通りにある創業昭和34年の大衆酒場「岡本」でビールともつ煮込みを楽しんできました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

この日はお昼から飲む予定が入っていたのですが、前日、フーターズで盛り上がりすぎてしまい、酷い二日酔いで目が覚めました。こんな時、どうするべきか… いつもだったら、温かいおそばを食べて、水分を多めに摂って、という感じですが、この日は浅草で迎え酒を選びました。

浅草 ホッピー通り

やって来たのは浅草のホッピー通りと呼ばれる、飲み屋さんが並んだ通り。ここは午前中からお酒が飲めるし、煮込みも食べられます。到着したのは午前11時、選んだお店は「大衆酒場 浅草 岡本」です。

岡本 浅草本店

お店の外の呼び込みも店内のスタッフもすべて若い女性でした。浅草 ホッピー通りのガールズバー、というわけではないんでしょうが、うれしい気持ち半分、不安な気持ち半分でビールを頼みます。

ビールはサッポロビール

ビールはサッポロ生ビール。綺麗なジョッキで出てきました。お通しはきんぴらひじきって感じのもので、これ以上無いお通し感があります。

お通し

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

スペインのクラフトブルワリー・Naparbier(ナパルビア)のAOTEAROA HOPPY PILS(アオテアロア ホッピーピルス)をいただきました。芳しい草の香りを感じられるような、美味しいピルスナーでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

スペインのブルワリー・Naparbier(ナパルビア)のAOTEAROA HOPPY PILS(アオテアロア ホッピーピルス)をいただきました。スペインのクラフトビールってそんなに飲んだことがありませんが、まさかホッピーなピルスナーが飲めるなんて!

スペイン ナパルビア アオテアロア ホッピーピルス

飲んでみると、しっかりとホップの風味を感じることができます。単純にフルーティーなホップというよりは、もう少し草の感じが漂います。それこそ、ニュージーランドで飲んだ kohato pilsner に近い味わいで「芳しい草」の香りを楽しめるビールという感じでした。ハーブと一緒で、ハマる人はハマる、そんなビールだと思いました。

ちなみに、AOTEAROAというのは、マオリ語でニュージーランドの事なんだそうです。ちょっと由来まではわかりませんが、パッケージにもニュージーランドのホップを使用している旨が書かれていますし、ニュージーランドに敬意を評したビールなのでしょうか。ラベルのデザインとニュージーランドということで思い出したのが、ニュージーランドのブルワリー・ガレージプロジェクトでした。そこの栓抜きがこんな形だったのです。

ガレージプロジェクト オープナー

が、別物でしたね。ビールの口コミを見ていても、Naparbierの評判は悪くないので、これからも日本で出会う機会が多いかもしれませんね。スペインのブルワリー・Naparbier(ナパルビア)、注目です。

[関連リンク]
Naparbier(公式サイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

赤坂にあるHOOTERS TOKYO(フーターズ トーキョー)に久しぶりに行ってきました。僕の大好きなフーターズの魅力を紹介したいと思います。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

2017年はあまり旅に出られそうにない… つまりは新規のHOOTERSに行けそうにないのです。2016年は、上海名古屋フランクフルトソウルシンガポールプラハ… 6つの都市の7つのフーターズに行くことができたのに、その反動でしょうか。そんなわけで、行ける時にはフーターズに行っておこうと、久しぶりにHOOTERS TOKYO、赤坂のフーターズに行ってきました。

HOOTERS TOKYO

ちなみに日本語ではフーターズと表記していますが、発音的には「フゥラーズ」って方が近いです。海外で探す時に使ってください。

アメリカンフードを楽しもう



フーターズは、アメリカに200店舗以上、世界では、日本はもちろん、南アフリカにもある世界的チェーン店です。アメリカ発祥のスポーツバー・レストランなので、フードはアメリカンなものばかり。ということで、心ゆくまでアメリカンフードを楽しみましょう。

ハンバーガーやブリトーもありますが、名物はソースを何種類かの中から選ぶことができるバッファローチキンです。

バッファローチキン

バーベキューソースでいただいてもいいですが、とにかく辛いソースを選ぶこともできるので、激辛ソースを選んで、みんなでヒーヒー言いながら食べるのも面白いです。

ビールをつまみながらのおつまみをしてオススメなのが、ナチョスです。

ナチョス

トルティーヤチップスの上にチリソースやチーズ、ハラペーニョやワカモーレがのっていて、いろいろとディップしながら楽しめます。ボリュームがあるのでみんなで楽しめるのもポイントです。

ビールは樽生だけではなく数種類のボトルビールも置いています。

サミュエルアダムス

個人的なオススメは、サミュエルアダムスかブルックリンラガーです。ビールのラインナップは店舗によって違いますが、数種類のビールが楽しめるのは全店一緒です。

HOOTERSはスポーツバー



この画像はアメリカのHOOTERSですが、モニターがたくさん写っていると思います。そう、HOOTERSはスポーツバーなんです。

アメリカのフーターズ

発祥のアメリカでは国内でも時差があり、いろいろなスポーツが同時に開催されています。そこでいろいろなスポーツを、家族に気を遣わずに楽しむことができるスポーツバー HOOTERSが広がっていったのです。ということで、HOOTERSは、バスケ、アメフト、野球、モータースポーツなどなど、いろいろなスポーツ中継を観ることができるスポーツバーとしてもオススメです!

フーターズガールと楽しもう



そしてフーターズの最大の特徴は、タンクトップにホットパンツのフーターズガールですよ!

フーターズガール

その格好ゆえに、セクシー居酒屋のようなものだと思われがちですが、違うよ。全然違うよ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

チェコ共和国で醸造された Queen Bohemian Rhapsody(クイーン ボヘミアン・ラプソディ)というビールをいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ロックバンド QUEENの名曲「Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)」の名がついたビールをいただきました。

こちらのビール、2015年に「Bohemian Rhapsody」の40周年を記念して造られた「Queen Bohemian Lager」と同じビールのようですが、当時のラベルは「Lager」と書かれていたのに対し、このビールは「Rhapsody」と書かれているので、当時のものではないようです。ちなみに、ラベルに描かれている紋章は、フレディー・マーキュリーが学生のころにデザインしたものだそうです。

チェコ共和国 Queen Bohemian Rhapsody

いただいてみると、これがちょっと残念な感じに劣化していまして… スタイルとしてはボヘミアンピルスナーのはずなのですが、海外のビールを常温で輸入してきた感じの甘さがあり、ホップの香りや苦味は鈍くなっていました。賞味期限は2017年4月までとなっているので、ちょっと古くなっちゃったのかな、という気もしています。

醸造所はわからず…

このビールの本来の実力はわかりませんが、現段階では、スウェーデン のCAP BreweryがリリースしたBohemian Rhapsodyの方が美味しかったです。ビールって難しい…

まあ、以前から気になっていたビールが最後の1本で買うことができたので、それは良かったのかな… チェコでまだ販売しているなら、ぜひ現地で探して飲んでみたいビールです。

[関連リンク]
QUEEN BOHEMIAN LAGER(公式サイト)
RnR Drinks(公式販売サイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

琉球在来豚アグーの血統が100%のアグーを食べられるお店「アグーしゃぶしゃぶ 金武」で、いろいろな沖縄県産品をいただいてきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ブランド豚で有名なアグーですが、現状、アグーとして流通している豚は「琉球在来豚の血統が100%」ではなく、「琉球在来豚を原種としたブランド豚」なのだそうです。そんな中、琉球在来豚アグーの血統が100%の「金武(きん)アグー」を食べられるお店があるということで行ってきました。

金武アグーしゃぶしゃぶ 金武

それがこちら、「金武アグーしゃぶしゃぶ 金武」です。パンパイナッポーアッポーペンみたいなフレーズです。この日は、飲み物別でひとり4,000円のコースでいただきました。

コースでいただきます。

まずはお通しとしゃぶしゃぶにつける調味料が出てきました。お通しは、じーまみー豆腐とくーぶいりちーです。じーまみー豆腐は落花生を使った豆腐で、甘みが美味しいです。くーぶいりちーは昆布を使った沖縄料理で素朴な味わいが美味しいです。

お通し

そして乾杯! 樽生ビールはオリオンビールでした!

オリオンビール

お鍋が始まるまでに島らっきょうをつまみつつ、ビールを飲みます。

島らっきょう

金武アグーは綺麗で匂いのない美味しい豚肉



そして出てきた、琉球在来豚の血統100%の金武アグーです。左がロース、右がバラ肉です。真ん中でバラのようになっているのもバラ肉です。

金武アグーの豚バラとロース

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Starbucks Evenings(スターバックス イブニングス)で新発売となったビアカクテル「シェイクン エスプレッソ ブリュー」を飲んできました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

お酒が楽しめるスターバックス「Starbucks Evenings(スターバックス イブニングス)」で新感覚のビール「シェイクン エスプレッソ ブリュー」が発売された、ということで早速飲みに行ってきました。

スターバックス アークヒルズ店

場所は赤坂・アークヒルズの1階にあるスターバックスです。外から見ると普通のスターバックスですが…

スタバ 店内

こちら、お酒が飲める「Starbucks Evenings(スターバックス イブニングス)」ということで…

アークヒルズ店 店内

ビールやワインも売っています。外からは普通のスタバに見えますが、裏側にお酒があるんですね。「シェイクン エスプレッソ ブリュー」もありました! ということで、早速オーダーです。

シェイクンブリュー

まずはワイングラス的なグラスにビールを注ぎます。ビールはアメリカ・シアトルのビール RED HOOK(レッドフック)のESB(エクストラスペシャルビター)です。フルーティーな香りがありつつ、苦味もあるビールですね。ちなみにレッドフックは、スターバックスの創業者の一人であるゴードン・ボウカーが創業したブルワリーだったりします。

まずはビールを注ぎます。

泡を立てないようにゆっくりと注いでいました。続いて、シェイクです。シェイカーに氷とエスプレッソを入れたら、シェイクシェイク!

シェイク!シェイク!

これでエスプレッソを急速に冷やすんだそうです。ということで、エスプレッソが冷えたら、先程のビールに注ぎます。

注ぎます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

チェコ・ブルノで人気のビアレストラン「Lokál U Caipla(ロカル ウ カイプラ)」に行ってきました。おやつの時間ということで軽くランチビールを楽しむつもりが… ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ政府観光局&Linkトラベラーズとのタイアップでチェコへの旅に行ってきました。チェコに入って5都市目は、Brno(ブルノ)という街にやってきました。プラハを東京だとすると、ブルノは大阪のような街、なんだそうです。そんなブルノでランチタイムにやってきたのは「Lokál U Caipla(ロカル ウ カイプラ)」というお店です。

ブルノ Lokál U Caipla(ロカル ウ カイプラ)

Lokál というお店は、ブルノだけではなくプラハにもプルゼニュにもある人気店で、プラハの店舗はフードツアーの途中、少し立ち寄りました

お店に入るとたくさん並ぶプラズドロイのジョッキが目に飛び込んできました。この雰囲気だけで期待できちゃいます。

Lokál U Caipla たくさんのグラス

そして、奥にはたくさんのタンクが! ガソリンがガソリンスタンドに運ばれるように、ビールは工場からお店に運ばれて、このタンクに移されます。お店では、このタンクからビールを注いでサーブされるというわけです。チェコではこの方式を取るお店が結構あり、そういうお店の前には「Pivo z tanku(タンクからのビール)」と看板が出ていることが多いです。

タンク

さて、テンションが上りつつ席につくと、チェコ的な絵が描かれたお皿が出てきましたが…

お皿

ここにはスープがサーブされました。

スープが来ました。

スープ

肉団子の入ったシンプルなコンソメスープをいただきながら、ビールを選びます。ビールはプラズドロイとコゼルの2種類がありました。ピルスナー・ウルケルの工場で飲んだ「ミルコ」という注ぎ方がメニューに書かれていたので、「コゼルのミルコ」をオーダーしてみました。

Lokál U Caipla メニュー

ここで登場したのが「コゼルとミルコ」でした。「コゼルのミルコ」を飲んでみたかったんですけどもダブルで出てきちゃった!

ミルコとコゼル

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サッポロビールから限定発売されたヱビス with ジョエル・ロブション「華やぎの時間」「余韻の時間」。ふたつのビールを飲み比べてみました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もジョエル・ロブションとのコラボレーションビールがサッポロビールから発売されました。ヱビス with ジョエル・ロブション、今年は「華やぎの時間」と「余韻の時間」が同時発売です。

ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間&余韻の時間

どちらもフランス・シャンパーニュ地方の麦芽を使用しているそうですが、ホップが異なります。ニュースリリースによると、「華やぎの時間」はネルソンソーヴィンを、「余韻の時間」はモザイクを、それぞれメインに使用しているようです。グラスに注いでみると、余韻の時間の方がビールの色が若干濃いようです。

華やぎの時間と余韻の時間を飲み比べ



華やぎの時間&余韻の時間

これはホップの違いというよりも使用した麦芽によるものでしょうか。アルコール度数は余韻の時間の方が5.5%と若干高くなっています。

華やぎの時間&余韻の時間 比較

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

下北沢のビアバー「うしとら」一号店はどこに行ったのか? 移転したうしとら一号店に行ってきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

下北沢のビアバー「うしとら」の壱号店が移転し、「風乗りメリー」がオープンしましたが、では「うしとら 壱号店」はどこに行ったのか? 初代(?)うしとら壱号店から踏切を渡って、下北沢駅西口方面に歩くこと約5分、ありました!

下北沢 うしとら 壱号店

カウンターとテーブル席がほどよく配置された店内は、お客さんで満席でした。

ビアバー うしとら

カウンターにはタップハンドルが並んでいます。その数、20タップ以上! 初代壱号店よりも増えています。

うしとら壱号店 店内

こちらはフードメニュー。以前から人気のメニューがしっかり残っていて安心です。

フードメニュー

この日は二軒目だったので、お気に入りのメニューをすべて食べることはできませんでしたが…

うしとらグラス

これだけは食べねば、という2つのメニューはしっかりいただきました。まずは、伊勢角屋の極上赤味噌ピザ(880円)です。

伊勢角屋の極上赤味噌ピザ(880円)

パリパリの皮にシャキシャキのネギ、赤味噌のシンプルだけど深い味わいが美味しいうしとらオリジナルのピザです。ゆず七味をかけていただくとまた美味なんですよね〜。

もうひとつが うしとら麦酒カレー(980円)です。

うしとら麦酒カレー(980円)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

下北沢にオープンした「風乗りメリー」に行ってきました。元々、うしとら一号店だったこちらのお店、元うしとらスタッフの中野さんのお店です。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

下北沢に新しいお店がオープンしたということで行ってきました。場所は以前、ビアバーうしとら一号店があったところ。隣の隣はうしとら二号店ですが、こちらは…

下北沢

風乗りメリーというお店がオープンしていました。

風乗りメリー

風乗りメリーは元うしとらスタッフの中野さんと…

中野さん

TRANSPORTER BEER MAGAZINE の元編集長である白石さんが働くお店です。

白石元編集長

タップハンドルを始め、いろいろなところに「うしとら」の面影を感じられますが、こちらは紛れもなく2017年元旦オープンの「風乗りメリー」です。牛、虎、ときて、羊です。

風乗り

美味しくてオシャレなメニューがいろいろ



さて、こちらがビールメニューです。うしとら時代の冷蔵庫がありますので、タップ数も多いです。

麦酒メニュー

続いてフードメニューです。納豆香菜、仙台味噌、パクチー、ナンプラーなどなど、他のビアバーではあまり見ないものが並んでいて、どれも気になります。

フードメニュー

さて、一杯目は軽く、イージー・ジャック セッションIPAからいただきました。飲みやすいIPAでゴクゴクいけます。

イージージャック セッションIPA

こちらに合わせていただいたのが、鶏ささみとアボカドのポテトサラダ(630円)。まずはこのビジュアルに驚きました! ハンバーガーとかマカロンとか、そんな見た目ですが、ポテトサラダです。

鶏ささみとアボカドのポテトサラダ(630円)

黄色いのはポテトの色ではなくて、唐辛子の色なんだとか。ポテトはマッシュしてありますが、ややピリ辛な刺激があって面白いです。食感はささみが担当、そのふたつをアボカドがまとめている感じでしょうか。

層になってます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

チェコ・オロモウツのチェコ風居酒屋「Hanácká hospoda Olomouc」でチェコの居酒屋メニューを堪能しました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ政府観光局&Linkトラベラーズとのタイアップでチェコへの旅に行ってきました。オロモウツでクラフトビールを楽しんだ後は、ホスポダと呼ばれるチェコの居酒屋に行ってきました。今回伺ったのは「Hanácká hospoda Olomouc(ハナツカ ホスポダ オロモウツ)」というお店です。

Hanácká hospoda Olomouc

店内は細長い造りになっていました。居酒屋、というと日本の居酒屋的なイメージが先行してしまいますが、チェコの居酒屋はこんな感じです。

Hanácká hospoda Olomouc 店内その2

冷蔵庫前のカウンターで飲むのも良さそうでしたが…

カウンター

今回はグループだったので、奥のテーブル席に陣取りました。

Hanácká hospoda Olomouc 店内

プラズドロイ(ピルスナー・ウルケル)1種類のお店が多い中、ここは4種類のビールと1種類のサイダーがありました。

ビールタップ

せっかくなので、Radegast Ryze Hořká 12°(ラデガスト リゼ ホスカ)というビールで乾杯です!

乾杯!

プラズドロイと同じように飲みやすいビールでしたが、やはり旨みと苦味とのバランスはプラズドロイに軍配が上がる気がしました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

横浜・大さん橋ホールで開催されたJAPAN BREWERS CUPに行ってきました。ビールもフードもステージも楽しめる素敵なイベントでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先週の金曜日から日曜日まで、横浜の大さん橋ホールで行われていた JAPAN BREWERS CUP 2017に行ってきました。このイベントはブルワー(ビール職人)による「ビアコンペティション」と「ビアフェスティバル」の2本立てのイベントで、今回で5回目の開催です。

JAPAN BREWERS CUP 2017

さすがに恒例となったイベントなので、来場者も多く、僕が行った日曜日もお昼頃からかなり盛り上がっていました。入場に500円、あとは会場内でビールを購入して楽しみます。

入場口

いろいろなビールが楽しめます



ビールのブースは36ブースあり、それぞれ数種類のビールを出していました。全部で242銘柄のビールがあったんだとか! どうやっても飲みきれませんね。

デビルクラフトブース

コバツトレーディングブース

ローグ

湘南ビールブース

多くのブースで飲み比べセットが販売されていました。僕はちょっと珍しいIPAの飲み比べセットを湘南ビールのブースでいただきました。

湘南ビール IPA飲み比べ

乾杯!!

乾杯!

他にも最近ハマっているサワーエールをいただいたり…

サワーエール

沖縄ではなかなか飲めない京都醸造の飲み比べセットやロコビアのケルシュをいただいたり…

飲み比べセット

主催者である真也さんの造るベイブルーイングのビールもいただきました。

ベイブルーイングビール2種

中でもベイブルーイングのハリケーンミキサーIPAはホップガッツリで美味しかったです!

飲んでます。

ちなみに、コンペティションでは、ピルスナー部門やIPA部門でビールの順位が発表されていましたが、それは公式サイトでご確認いただければと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

チェコのオロモウツという街でオトナも子どもも楽しめるブルーパブに出会いました。ステーキやピザも楽しめる「Riegrovka(リグロフカ)」です。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコにある Olomouc(オロモウツ)という街でおもろいブルーパブに出会いました。街歩きの途中でGoogle MAPを見ててたどり着いたこちらのお店「Riegrovka(リグロフカ)」です。看板にはステーキハウスという文字も見えます。

チェコ・オロモウツのブルーパブ「Riegrovka」

子どももはしゃぐ! 面白い見せ方のブルーパブ



お店に入ると醸造工程が描かれたパネル…

醸造工程

そして、醸造用のタンクが目に飛び込んできました。

お店に入るとタンクが

さらに足元に目を移すと、床がクリアになっていて、地下の醸造設備も見ることができました。こんな形で醗酵中のビールを見ることができるお店は初めてです。

下には醸造施設

そして奥にはタップハンドルのついたカウンターがあり、さらに奥にテーブルの席が続いています。

さらに奥にはカウンター

このお店には2階があり、食事を楽しみたいお客さんはそちらに通されるようでした。

混んできました。

ちなみに、2階の床もクリアになっていて、下から見ることもできます。

2階が見える

2階の子どもも大喜びで遊んでました。むしろ、はしゃぎすぎ!

子どもが遊ぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サッポロビールがファミリーマート、サークルK・サンクス系で限定で販売している「サッポロ ビアサプライズ 至福のコク」をいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールがファミリーマート、サークルK・サンクス系で限定で販売している「サッポロ ビアサプライズ 至福のコク」をいただきました。昨年は「至福の苦味」というビールが販売されていましたが、同じビアサプライズというシリーズのビールになります。

サッポロビール ビアサプライズ 至福のコク

飲んでみると、しっかりとした飲みごたえを感じますが、アルコール度数6.5%という強さはそんなに感じません。ただ、旨みや苦味、香りがそこまで強くはないので、いろいろな要素が強い「コク」というよりは、強いビールという印象です。アサヒドライプレミアム豊醸にも近い印象がありますが、飲みやすさを考えると、個人的な好みはドアイプレミアムでした。

サッポロビール ビアサプライズ 至福のコク 成分表示

同シリーズの「至福の苦味」は、エーデルピルス的な苦味もありつつ、他のビールには無い美味しさがあったのですが、このビールに関しては… コクというのはなかなか表現として難しいんだろうなぁ、と思いました。サッポロビールだったら、「焙煎生ビール」が美味しくて、ドリンカビリティも高くて好きだったので、次回のビアサプライズは「至福の焙煎」あたりを期待しています!

[関連リンク]
サッポロビール 至福のコク(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

スメタナの生まれ故郷・リトミシュルにあるマイクロブルワリー「VESELKA」に行ってきました。スメタナがデザインされたビールの醸造所で流れていた音楽はなんと… ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ政府観光局&Linkトラベラーズとのタイアップでチェコへの旅に行ってきました。プルゼニュプラハと移動して、やってきたのはリトミシュルという街。初めて聞く街だったのですが、この街は作曲家・スメタナの生家があった街なのだそうです。スメタナと言えば、この曲が有名ですね。



で、そのスメタナさんなんですが、お父さんがビール醸造者だったそうです。ただ、現在はそのビールや醸造設備は無いそうですが、この街にマイクロブルワリーがあるということで、そちらに伺ってきました。それがこちら、VESELKA(ベセルカ)です。

リトミシュル「VESELKA」

中に入ると、ビールのタップが並ぶカウンターとテーブル席がいくつかある、こじんまりとしたお店でした。入り口の近くにはボトルビールが入った冷蔵庫がありました。ボトルにはスメタナの顔が印刷されています。

ボトルビール

駆けつけ一杯ということで、まずはビールをいただきます。いただいたのは、Bedřichova jedenáctkaというアンバーラガースタイルのビールです。

リンサーで洗って…

まずはグラスをリンサーで洗いでから、ビールを注ぎます。

注ぎます。

一緒に行ったメンバーはスモールサイズをオーダーしましたが、僕は大きなグラスでいただきました。こちらのグラスにもスメタナの顔が描かれていました。

Minipivovar Veselka のビール

ビールは風味豊かで飲みやすいものでしたが、欲を言えばもう少し、クリアな方がいいかな、と思いました。ここに来るまでに何リットルもプラズドロイを飲んじゃってますからね。マイクロブルワリーにそれを求めるのは酷という気もしますけども。

飲みやすい!

このビールの他にもいくつかビールがありましたが、この日の飲めるVESELKAのビールはこれだけのようでした。他のブルワリーのビールも飲んでみたくはありましたが、時間が無く、ブルワリーの見学に移ります。

VESELKAのビール

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

KALDIで見かけた紅配緑麻辣青豆(ウルトラスパイシーグリーンピー)が痺れる辛さで美味しいので紹介します。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先日に引き続き、これまたKALDI(カルディ)で見かけた美味しいおつまみを紹介します。その名も、紅配緑麻辣青豆(ウルトラスパイシーグリーンピー)です。パッケージを見ると、どうやら台湾のものです。

盛香珍 麻辣青豆 スパイシーグリーンピース

僕が買ったのは500円くらいのちょっと大きめのパッケージで、この中に小分けのパックが11個入っていました。ひとつ50円弱ってことですね。唐辛子の赤と緑豆の緑に彩られたパックはひとつ20グラムとのこと。

盛香珍 麻辣青豆 スパイシーグリーンピース 小分け

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote